学校を選ぶ

婦人

各学校を比較しよう

医療系の中でも看護師の需要は高く、現在看護系の専門学校や大学の学部が多く設置されており、入学を目指す学生が増えています。医療系大学は専門学校に比べて進学先の有力候補となることが多いですが、学校を選ぶ際には注意点が存在します。看護師を目指す際に大学に進学すると、基本的には4年間医療について学んだうえで、卒業論文や卒業研究を仕上げながら実習・国家試験対策をする必要があります。多忙なように見えますが、そのぶん充実した内容を学ぶことができ、大学院進学で研究者としての道も開けます。しかし、専門学校にも2年から3年という短期間で看護師になれるというメリットがあり、学校選びの際には自分の希望に合うかどうかを意識し、それぞれのメリットを比較して決めることが大切です。

4年制のメリットとは

4年制の医療系大学で看護師を目指すメリットは、特にその大学が総合大学である場合には顕著なものとなります。総合大学では1年生から2年生にかけて、学部に関わらず語学から数学まで、文系・理系を問わない教養授業を受ける必要があります。これにより医療以外の見聞を深めることができ、実際に看護師ととして働くにあたって様々な視点から業務を見つめられるようになります。さらに、このような教養の授業は他学部や他学科と混ざって受けることが多いため、自分の専門分野以外の学生とも交流ができ、人脈が広がるというメリットもあります。以上のように、医療系大学で看護師を目指す場合は4年という時間はかかるものの、そのぶん教養を深めて多くの学生と交流を持つことができるというメリットがあります。